MENU

CLOSE

お酒でむくみが出る原因は?お酒を飲む時のむくみ対策

お酒でむくみが出る原因は?お酒を飲む時のむくみ対策

230views

カテゴリ:むくみの原因・対策

お酒を飲んだ翌日のむくみの原因は?

e4f5dc3babb4faef4aa10d084e80d3c2_s

アルコール摂取によるむくみ

アルコールには血管内の脱水作用があり体内の水分を奪うことで血中のアルコール濃度が上がってしまいます。その事に対して体は危険感を覚えるので血中濃度を低下する為に血管内にどんどん水分を取り込み、その際に過剰に水分を取り込みコントロールが出来ない状態がむくみといった症状で現れます。

さらにアルコールはミネラルを体外に排出する働きがあるから体内のミネラルが不足することでむくんでしまうのです。またアルコールは浸透圧が高いからお酒を飲むと尿として排出されますが、水分が体外に排出されたら体が水分を補う為に水分を欲し喉が渇くのです。

その上アルコールを分解する為には水が必要だからお酒を飲めば飲むほど身体が水分を求めます。要するに排泄量を上まわる摂取量こそがむくみの原因ということが出来ます。

塩分の過剰摂取によるむくみ

通常お酒を飲む時にはお酒だけを注文するのではなく、つまみも注文します。空腹な状態でお酒を飲むと酔いが早いのでお酒を飲みながらつまみを食べるのが一般的です。ですがつまみは基本的に塩分が多いモノが多く、つまみを食べることで塩分の過剰摂取になりむくみやすくなるのです。

何故塩分の過剰摂取でむくみの症状が出るのかと言うと、体内の塩分濃度が上がるとそれを元の状態に戻す為に体は水分を補給しようとします。塩分、要するにナトリウムには水分を多く取り込もうとする作用があると言えます。だから塩分と水分を摂取すると血管内に大量の水分を取り込むことになり、水分量が多くなることで血管内は圧力が高くなります。だから塩分を摂取すると血圧が上がり高血圧になるといった現象が起こります。

その上、血管の圧力が強くなるから毛細血管より余分な水分が染み出してきて細胞間に滲むことでむくみの症状が出てきます。過剰摂取されたナトリウムは腎臓の働きにより体外に排泄されるのですが全てを1度に排出することは出来ず、排泄されるまでの間はむくみが出てしまいますし、慢性的に塩分の過剰摂取をしている人はむくみが慢性的に出来てしまいます。

むくみの症状だけなら見た目が少々見苦しくなるのと代謝が低下するくらいですが、塩分の過剰摂取はむくみの他にも高血圧、肥満といった生活習慣病の原因となるので注意が必要です。

横になる姿勢

お酒を飲んだ翌朝に顔がむくんでしまうのは睡眠中に横になる姿勢に原因があると言えます。横になることで余分な水分は体中に均等に行き渡り、さらに睡眠中は体を動かさないので長時間同じ姿勢でいることでむくみが出やすいのです。特に心臓から離れた場所にある足や顔の目の周囲の組織は粗く水が溜まりやすい構造なのでむくみの症状が現れやすいと言えます。

お酒を飲む時にしておきたいむくみ対策

5f6f111f408dd5127a4fccb7d54e4c9e_s

適度な水分補給でむくみ対策

お酒だけを飲まずに適度に水を補給することがむくみの解消と予防に繋がります。体内でアルコールを分解する為には水が必要なので、少しずつでも水を摂取することで適度な水分が体に取り込まれるのでむくみ解消に効果があります。ですがお酒を飲んだ後に大量の水を摂取するのは逆効果でむくみの原因となるので注意しましょう。

お酒を飲み過ぎない

アルコールを大量に摂取すると体はむくんでしまいます。これを予防する為にはお酒を飲みすぎない事が1番の対策と言うことが出来ます。特に普段からむくみやすい人は出来るだけお酒の量を控えて、ビールなら中瓶1本、焼酎0.5合くらいがむくまない為にはベストな量と言えます。

塩分を控えビタミン、ミネラルを摂取

塩分の過剰摂取はむくみの原因となるので塩分の多いつまみは出来るだけ控えるようにしましょう。味の濃いつまみを食べると喉が乾くのでさらにお酒を飲んでむくみが出来るといった悪循環に陥ってしまいます。むくみを解消するにはカリウム、ビタミン、ミネラルを多く含む海藻や果物などを摂取するといいでしょう。

また塩分を過剰摂取してしまった場合はカリウムが豊富に含まれているむくみ解消サプリをお酒を飲んだ後に摂取してから眠ることをお勧めします。カリウム配合のサプリには利尿作用があるので一晩寝ることでむくみも解消されます。