MENU

CLOSE

むくみ解消は原因を知らないから!それ教えます!

むくみ解消は原因を知らないから!それ教えます!

313views

カテゴリ:むくみの原因・対策

むくみは水分が原因。

水がたまることでむくみが出ます。

むくみの多くは水分が過剰にたまっている状態です。本来、体内の水分量は自動的に調整されています。少ない時はのどが渇き、多い時は尿として出ます。この調整機能がうまく働かない時、むくみとして現れます。体を正常な状態に戻せなくなった状態です。この調整機能が弱いと、水を飲みすぎただけでむくみが出ます。塩分の多いものを多量に摂った時も同様です。

体中のどこにでも起きるむくみ。足だけではありません。

足がむくむことは珍しいことではないでしょう。しかし、むくみは足だけではありません。手や顔、おなかや背中もむくむことがあります。内臓がむくんでしまい、体調を大きく崩すこともあります。足にむくみが多いのは、心臓から遠くに離れていて、重量の影響でたまった水が戻りにくいためです

水分を運ぶ血の流れと、浸透圧が関係。

体内の水分を調節する機能は複雑ですが、大きな影響を持つのが、血流と浸透圧です。まず心臓が弱っている場合や、運動不足など筋肉の動きが少ない場合は、血の流れが滞りがちになります。特に末端の手足にむくみが出やすくなります。

浸透圧とは、塩分の濃さの違いによって水分が動くことだと思ってください。血管と細胞の間にはこの浸透圧があり、塩分やミネラルの濃さの違いで水のやり取りをしています。ふつうは問題が起きないように、腎臓などが塩分やミネラルの量を調整していますが、過剰に摂りすぎたり、腎臓が弱っていたりするとバランスが崩れます。そうすると、むくみが出やすくなるというわけです。

むくみの場所や、パターンによって解消法は違います!

寝れば治る足のむくみ。

単純に血の流れが悪いために出るむくみです。一晩ぐっすり寝れば治ってしまうむくみは、血流の改善を行うことが大切です。デスクワークなどで足を動かさない場合は、時々歩いて血流を改善しましょう。足のむくみが女性に多いのは、太ももやふくらはぎの筋肉が男性に比べて少ないからです。

血流を改善するために、マッサージなども効果的です。セルフマッサージも良いですが、整体やマッサージ専門店で行えば効果を体感できるでしょう。できるならば筋トレやスポーツをすることで改善が期待できます。足の筋肉は第二の心臓と言われています。この方法は根本的な解決策となります

寝起きに顔や手がむくんでいる。

起きている時と違い、重力の影響が少なくなります。そのため、顔や手がむくみます。寝ている時間が長いほど、むくむリスクは高くなります。また、食生活が乱れたり、飲み会などで過剰に水分や塩分を摂ったりすると、更にむくみは出やすいでしょう。就寝時間を過度に長くせず、可能ならばベッドの頭側をほんの少し高くするとむくむのを軽減できます。食生活にも気を付けましょう。飲む量や塩分を控えめにしましょう。

通常寝ている間は、心臓の負担が減り、腎臓も活発になります。水分の調整機能が高まりますが、誰が見てもわかるようなひどい顔のむくみがある場合は、心臓や腎臓が弱っている可能性があります。一度お医者さんに相談してみましょう。なかなか改善しないむくみには、サプリメントを活用してみるのも一つです。カリウムなどのミネラル成分が含まれているサプリは、体の浸透圧を調整し、尿として排出する機能が期待できます。

体質や病気、薬の副作用もあります。

むくみやすい体質や、原因不明のむくみも存在します。病気としては心臓や腎臓が疑うべき最初の病気です。また、服用している薬の副作用としてむくみが出る場合もあります。心配なことがあれば医師に相談をしましょう。むくみについて一番の解決方法を知っているのは、やはり医師です。