MENU

CLOSE

どうすればいいの?気になる足のむくみ解消法

どうすればいいの?気になる足のむくみ解消法

291views

カテゴリ:むくみ解消のために

なぜ足がむくんでしまうのか

血行不良による老廃物の滞り

足のむくみを解消したい場合にはまずどうして足がむくんでしまうのかという原因を知ることが大切です。足がむくむ人は、立ち仕事やデスクワークなどでリンパの流れが悪くなりがちなかたが多いようです。静脈やリンパ管の流れが滞ると、普段戻ってくるものが戻らずたまってしまうことになりむくみが生じます。

運動不足による筋力低下

足がむくみやすい人は日ごろ運動をしていないということもあるようです。足やふくらはぎなどの筋肉が弱ることによってうまくポンプ機能が作用せず、上半身へ老廃物などをもちあげることができずその結果下半身がむくんでしまいます。

冷え

足のむくみが気になるかたは、「冷え性」でお悩みのかたも多いかと思いますが、冷え性で足が冷たくなった場合には当然足先への血流も悪くなります。また筋肉もかたい状態になりリンパの流れを妨げます。

食習慣、生活習慣の悪さ

塩分過多な食事や、水分の取りすぎなどによって血液のなかにある水分が過多になります。からだにとって余分な水分は、足にたまりますので足のむくみがおこります。

さまざまな病気やからだの不調

さまざまな病気やからだの不調もむくみの原因になることがあります。たとえば「下肢静脈瘤」になると、血液を逆流させないようにする弁がこわれて余分な血液が足にとどまりむくみが生じることがあります。また、「腎臓」や「肝臓」の不調でも、からだにたまった余分な水分を排出できなくなったり、動脈や静脈の血管からの水分の出入りに不調が生じてむくみがおこることがありますので注意が必要です。

足のむくみ解消法

食生活の改善

足のむくみにはさまざまな原因があることがわかりました。ではこのような足のむくみはどうやって解消すればよいのでしょうか。まず簡単にできることとしては、普段食べている食べ物を改善するのはいかがでしょうか。インスタントラーメンなどのインスタント食品やスナック菓子類のなかには、塩分が多く含まれていることが多いです。手軽に食べることはできますが、これらの食べ物が好きな人は食べる量を減らしてみるのもよいでしょう。

また、とってしまった塩分を排出させるのに役立つのが、「カリウム」の入った食品です。バナナやリンゴ、小豆などは余分な水分を排出するカリウムが多いので足のむくみが気になったときにはおすすめの食材です。食生活を改善し、むくみのない足をめざしましょう。カリウムの含まれたサプリなども市販されていますので、食事でとりにくいというかたはこのようなサプリを利用するとよいでしょう。

足を冷やさない工夫

現代は冬のみならず、たとえ真夏であってもクーラーなどによっての足の冷えに悩まされているかたが多いようです。靴下やストッキングを重ね履きしたり、レッグウォーマーを利用するのもよいですし、ひざかけなどを用意しておくこともおすすめです。冬場などの寒い時期にはミニスカートなどは履かず、可能であればロングスカートなどを履き足元をあたたかく保つとよいでしょう。

お風呂や足湯

お風呂にゆっくりとつかりからだを温めることによって、血行改善効果が期待できます。時間がないような場合には、足湯だけでもかまいません。バケツに塩や入浴剤などを入れて足湯をするのも効果的です。

足のマッサージ、ツボおし、体操

リンパの流れをよくするためには足のマッサージや足のツボおし、体操なども効果的です。足の指を一本ずつひっぱったりもんだり、足の指と手の指をくんで足首をまわすのもよいでしょう。足の裏全体をコンコンとたたくと足裏の血行がよくなります。また、ふくらはぎ部分をもむのもよいでしょう。つま先立ちをしてかかとを上げてストンと落とすような体操をするのもおすすめです。

足やふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれていることからもわかるように、足がひどくむくんでしまうときには、「心不全」などの「心臓の病気」の可能性もあります。上記のことを試してみても改善がなく、むくみがあまりにひどいときには専門医のいる病院でみてもらうことも大切です。