MENU

CLOSE

デスクワーク女子の大敵!気になる足のむくみの解消手段

デスクワーク女子の大敵!気になる足のむくみの解消手段

331views

カテゴリ:むくみ解消のために

日頃から気をつけたいむくみにくくする対策

d87c6016820579bbdde8c1203ecb480e_s

適度に運動をして足の筋力が落ちないようにする

足のむくみは下半身から血液や水分を心臓へと送り出すポンプの役割をするふくらはぎの筋肉が衰えてしまっていると起こりやすくなります。長時間座りっぱなしになってしまっているとどんどん老廃物が下半身に停滞するようになってしまい、むくみの症状として表れてくるのです。

デスクワークのかたは運動不足になりがちですし、ふくらはぎの筋力が低下してしまっているかたが少なくありません。だからこそ予防のためには運動をしてふくらはぎを鍛えておくことが大切です。

  • 一駅前で降りて歩くようにする
  • エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を利用する
  • 休み時間ごとに足を動かすようにする

細かいことですが、これだけの動作でも座りっぱなしでいるよりはふくらはぎを使うようになりますし、血流を改善してむくみ解消効果が高まります。

座りっぱなしでもできる運動をする

デスクワークで毎日やむを得ず座りっぱなしになっているかたであっても、椅子に腰掛けた状態のままでできる運動はあります。意識的にふくらはぎの筋肉を刺激することを心がけるようにしてください。

簡単なものであれば、床につけている足をつま先とかかとを交互に上下させて動かすだけでも対策には効果的ですし、行儀は多少悪いですが、貧乏揺すりも血行が促進されてむくみや冷えの改善に効くとされています。

加圧ストッキングなどを着けてみる

むくみやすい女性のために、ふくらはぎや太股、腰周りなどに圧力を加えられる設計がされたむくみ対策ストッキングが売られています。着用することで下半身に滞ってしまった血流を上へと押し上げる効果が期待されるものですので、座っている時間が長い女性には最適です。

ただし、ただ圧力が加わるだけのものがいいわけではありませんので、いくつか試してみて足が疲れない気持ちよく穿けるものを探してください。

意識的に席を離れて立ち上がる

座ってできる運動はもちろんのこと、ふくらはぎのポンプ機能を働かせて辛い症状を解消するためには定期的に立って歩くことも大切です。休憩時間は立ち上がって足を動かす工夫をするようにしてください。

サプリメントを飲む

むくみ解消のためのサプリメントが売られていますので、積極的に取り入れるのもおすすめです。原因となる老廃物や塩分を流す成分や血行を促進する成分など豊富ですので、食事からでは不足していると判断した栄養素をサプリで補うといいでしょう。

1日5分でむくみ解消効果があるマッサージ法

fb20a0b6269fb856a245e8de9236c266_s

太股の付け根のリンパ節を揉む

座っていると圧迫されることの多い太股の付け根のリンパ節を、付け根に沿って指で押して刺激するようにしてください。デスクワーク中でも気がついたときに揉むようにしておくと、足のだるさがかなり楽になります。

膝から太股にかけて撫で上げる

足を前に伸ばし、膝から太股にかけて優しくも揉むように撫で上げてください。外側、内側、表、裏などそれぞれ満遍なく行います。

膝裏のリンパ節も刺激する

膝の裏にもリンパ節がありますので、親指以外の4本指を当てて上に向かって擦るように刺激します。

足首から膝に向かってふくらはぎを揉む

ふくらはぎも下から上へ向かって揉み上げてマッサージします。手のひらを使って全体を揉むように行ってください。

マッサージは気持ちいいと思える範囲内で行うこと

仕事中のちょっとした時間に施すのはもちろん、むくみ解消マッサージは入浴後に血行が良くなった状態で行うのもおすすめです。回数や圧の強さは自分が気持ちいいと思える範囲内で行うようにして、肌を擦って痛めないように服越しかマッサージクリーム、オイルなどを用いてください。むくみは放置をするとどんどん悪化しますから、1日の疲れはその日中に解消するようにするのがポイントになります。